よくある質問

ビザ(査証)は必要ですか?

行き先の国によってそれぞれ異なります。

【オーストラリア】
◆パスポート有効残存日数:帰国時まで必要
◆査証(ビザ):ETAS(イータス)登録が必要
オーストラリアに入国する際、3ヶ月以内の短期滞在であればETAS(イータス)と呼ばれる電子入国許可登録システムを利用します。
ETASは、査証(ビザ)の代わりになるもので、オンラインで申請できます。

ETASをご自身で取得される場合はこちらから。

【フィリピン共和国】
パスポート・査証(ビザ)について(日本国籍の方)
◆パスポート有効残存日数:入国時6か月+滞在日数以上必要
◆査証(ビザ):30日以内の 観光目的の滞在は査証不要(予約済みの出国用航空券が必要) 

【台湾】
パスポート・査証(ビザ)について(日本国籍の方)
◆パスポート有効残存日数:帰国時まで有効なもの
◆査証(ビザ):往復または第三国への出国用予約済航空券を所持し、桃園、台北松山、高雄等指定空港・港から入国する。

【シンガポール】
パスポート・査証(ビザ)について(日本国籍の方)
◆パスポート有効残存日数:入国時6か月以上必要
◆査証(ビザ):出国用予約済航空券、十分な滞在費、次の訪問国の査証(必要な場合)が必要。滞在日数は入国審査官の判断による。

【タイ】
パスポート・査証(ビザ)について(日本国籍の方)
◆パスポート有効残存日数: 入国時6ヶ月以上必要
◆査証(ビザ) :
  観光目的であれば30日以内の無査証滞在が可能(空路で入国する場合)です。
 (ただし、出国の証明【予約済航空券や乗船券】)と
  1人10,000バーツまたは1家族20,000バーツ以上の現金の所持が必要)

【中国】
パスポート・査証(ビザ)について(日本国籍の方)
◆パスポート有効残存日数:入国時6ヵ月以上あるのが望ましい。
◆査証(ビザ):一般旅券所持者は15日以内の観光は査証不要。

【香港】
パスポート・査証(ビザ)について(日本国籍の方)
◆パスポート有効残存日数:1ヵ月以内滞在は入国時1ヵ月+滞在日数以上必要。1ヵ月以上滞在は入国時3ヵ月以上必要。
◆査証(ビザ):90日以内の観光は査証不要。(出国のための航空券・乗船券が必要)

【インドネシア】
パスポート・査証(ビザ)について(日本国籍の方)
◆パスポート有効残存日数:入国時6ヵ月以上必要。旅券の未使用査証欄は連続2頁以上必要。(無査証入国および査証を現地で取得する場合)
◆査証(ビザ):対象の空・海港からの観光目的の入・出国は無査証滞在可(予約済みの出国用航空券が必要)
※対象の空・海港(ジャカルタ:CGK、デンパサール:DPS、スラバヤ:SUB、メダン:KNO、バタム島:BTH、ジョグジャカルタ:JOG等)から
観光目的で入・出国の場合は無査証滞在可。その他空・海港及び陸路からの入・出国は査証要。

【マレーシア】
パスポート・査証(ビザ)について(日本国籍の方)
◆パスポート有効残存日数:入国時6ヵ月以上必要
◆査証(ビザ):90日以内の観光は査証不要。 (出国用航空券が必要。陸路出国の場合、近隣諸国からの出国用航空券。旅券の未使用査証欄が連続2頁以上必要)

【ニュージーランド】
パスポート・査証(ビザ)について(日本国籍の方)
◆パスポート有効残存日数:入国時3ヵ月+滞在日数以上必要。
◆査証(ビザ):3ヵ月以内の観光は査証不要。 (往復航空券と滞在資金、第三国への査証(必要な場合)が必要)

【ベトナム】
パスポート・査証(ビザ)について(日本国籍の方)
◆パスポート有効残存日数:出国時6ヵ月以上必要。
◆査証(ビザ):15日以内の観光は査証不要。 (往復予約済航空券または第三国行きの航空券が必要)
※2015年1月1日以降、ベトナム出国日より30日以内にベトナム再入国の場合は査証が必要。


※上記すべて2019年3月現在の情報です。また、上記の規定は予告なく変更される場合があります。
※外国籍の方は、ご自身で最寄の各国大使館、領事館にご確認ください。



■国内ツアー/国内ダイナミックパッケージにご参加の方は、必要ございません。

よくある質問一覧,  旅行前の準備について

ウィンドウを閉じる